新年度、気持ちも新たに!

梅も開花、桜の蕾もふくらみ始め、いつもより春の陽気が早めに訪れている遊学舎です。
遊学舎の中庭には梅と桜の木が一本ずつありますが、昭和館と蔵との間にあり正面からは見えないため、意外と来館者には気づかれていない模様。
yuhgaku_sakura
yuhgaku_momo
yuhgaku_nakaniwa
趣のある背景の建造物に、こんなふうにひっそりと一本ずつ立っている木の存在感は、しみじみとした存在感を伝えています。
事務局も毎年このシーズン、開花の目安として楽しみに眺めている木です。
皆さんも、遊学舎にご来館の際には是非プチ花見をしていってくださいね♡

そうそう、久しぶりに「花言葉」シリーズ、梅は「高潔・忠義・忍耐」だそうですが、桜はその種類により諸説あるようで、調べてみると何十種類もあり、ここでは紹介しきれません…。それだけ日本人にとっては話題性のある花ということなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください