日別アーカイブ: 2016年8月22日

「花めぐり手帖」裏話~8月~

台風が近づいてきているというニュースが聞こえてきたので、暴風雨で花びらが散ってしまう前に…と、千秋公園のお堀のハスを撮って参りました。
DSCN1619
ハスは、秋田では7月下旬から咲き始め、9月上旬くらいまで長く楽しめるので、お盆過ぎでも充分美しく見ることができます。
(冊子の「花めぐり手帖」では、7月・8月の情報量が多く、入りきらなかったため、9月にくいこんで入れてあります。)
DSCN1635
お約束の花言葉ですが、大昔から仏教に深いつながりのある花ですから、花言葉も様々に存在しています。
その一つに、どんなに汚れた泥水の中からでも大きくまっすぐな花が咲くので「清らかな心」とあります。が、よく考えてみると泥水には豊富な養分があるので、それだけ栄養を蓄えた美しい花が咲き誇るということです。
「一蓮托生」という言葉の語源にもなっているようですが、これは「慈善行為をした者同士が死後、極楽浄土の同じ蓮の花の上に託され生まれ変わる」というところから来ているとのことでした。

と、写真を撮っているうち、気づけば花がゆっくりと閉じていっているような気が…気の所為かしら?
車に戻った途端、物凄い豪雨!色々な意味でセーフでした!
花はきっと、雨の予兆に気づいていたんでしょう。花だけに、人間よりもハナが利く…のかな。