「花めぐり手帖」裏話~12月~

早いもので、もう12月。ふと気が付くと、周りは紅葉が落ち、ホウキを逆さまにしたような木々が。皆さんの中でも、庭木の囲いをしたり、外に出していた鉢植えを家の中にしまったりと、大切にされている植物の冬支度を始めているのではないでしょうか。

さて、画像は先日「花の祭典」で見たポインセチア。こちらも今シーズン見応えのある植物として人気です。黄色(白)っぽい「シャーベット」という品種もありました。
大きな花弁のように見えるのは、実は苞(ほう=葉っぱ)で、本当の花はこの苞の中心部にある黄色い粒状のものです。
クリスマスシーズンを飾る花といえば、何故かこのポインセチアを思い浮かべますが、原産地はなんと熱帯のメキシコ。縁もゆかりもないようなこの植物、クリスマスとの関係は・・・?
img_8813
聖書によれば、キリストの誕生直後、宵の明星・金星が西の空=ベツレヘム(キリストが誕生した土地)の方角に見られ、この星に導かれて東の国から三人の博士が生まれたばかりのキリストに会い贈り物をしたというような内容が書かれています。

キリストの生誕を祝う由来から、クリスマスツリーの上を飾る星も「ベツレヘムの星」を象徴にしているのですが、17世紀にメキシコに住み着いたフランシスコ修道会の僧が、ポインセチアが星の形に似ていること、代表的な色が赤であること、開花時期がクリスマス前ということで、誕生祭の行列や聖堂を飾る目的で使うようになりました。
クリスマスで思い浮かべるカラー(赤・白・緑)も、赤はキリストの流した血、白は純潔、緑は農作物や永遠の命、を表わしているそうです。

原産国メキシコでは、「ノーチェ・ブエナ(聖夜=キリストが誕生した日)」と呼び、英名の「ポインセチア」は、米国の初代メキシコ公使「ジョエル・ロバーツ・ポインセット」が、初めてアメリカにポインセチアを紹介したことに因みます。
日本には明治時代に「猩々木(ショウジョウボク)」という名が付けられ持ち込まれたようです(「猩々」は、伝説上の動物)。

赤いポインセチアの花言葉は、「私の心は燃えている」。
これから寒く長い冬がはじまりますが、心だけは熱く燃やして、活き活きと過ごしていきたいものですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください