世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

春爛漫、桜の季節を待ち遠しく思っている方は多い筈。
日本人にとって昔から馴染みのある桜。どのくらいの数の品種があるのでしょう…?
調べてみると、サクラは突然変異が多い植物だそうで、野生種、自生種、品種改良されたものまで含めると、なんとその数は100種類を超えているとか。驚きですね!
とはいえ、比較的日本人にも知られている、名の付いた野生種は下記の10種類。それぞれの特徴は、調べてみてくださいね。
ヤマザクラ、オオシマザクラ、カスミザクラ、マメザクラ、チョウジザクラ、オオヤマザクラ、エドヒガン、カンヒザクラ、タカネザクラ、ミヤマザクラ。

あれ?ソメイヨシノは…?
こちらは、江戸時代に品種改良されたものです。奈良の「吉野桜」とは別の桜ということで、現在の豊島区にあった染井村の名前を取って「ソメイヨシノ」と改名されたようです。
野生種とどこが違うかと言えば、花が咲いている間は葉がつかないということでしょうか。ヤマザクラなどは、花と同時に赤茶色の若葉が出ますので、真っ白い花との対比で「赤く萌えるように」見えるのです。昔から物語や俳句等に謳われてきたのは、これら自然の中で生まれ育った日本古来の桜です。

野生種ならではの力強い美しさも、観賞用に人の手が入った努力の美しさも、どちらも桜です。
花好きな人は、品種にこだわらず、その命を愛でることができます。
「散ればこそ いとど桜はめでたけれ 憂き世になにか久しかるべき」
桜は、日本人にとって特別な思いが宿る、不思議な魅力があります。
今年も、お一人でも、誰かと一緒でも、楽しく思い出に残るお花見になるといいですね。

事務局Yが好きなのは、オオシマザクラ。
理由は…桜餅に使用する塩漬けの葉っぱだから(笑)桜の香りも、梅の花の香りも、好きです!
ちなみに、桜茶にも昔から使用されてきましたが、最近では専ら八重桜が使われているようですよ。

~おまけ~
P1060486
こちらは、珍しい黄桜。由利本荘市東由利の八塩の森公園にて。ゴールデンウィークの頃が見頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください