「事務局近況」カテゴリーアーカイブ

第27回全国花のまちづくり由利本荘大会が開催されました。

 去る7月17日(土)~18日(日)の2日間にわたり、由利本荘市を会場に「第27回全国花のまちづくり由利本荘大会」が開催されました。この大会は、花のまちづくりコンクール推進協議会(公益財団法人日本花の会など)が、全国の都道府県や市町村との共催で花のまちづくり活動を推進し、地域の活性化を図ることを目的として毎年開催されているものです。秋田県では平成10年に秋田市で開催されて以来、23年ぶり2回目の開催となりました。また、本来であれば、全国から花のまちづくり活動に関心のある多くのお客様をお迎えして、盛大におもてなしや交流、情報交換をさせていただく予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、参加者については、秋田県内在住の方のみを対象とさせていただきました。そのため、会場に来られなかった方々のために大会の様子は動画配信され、特別講演もオンラインで行われるなど、ICT技術を活用したコロナ禍での新しい形の大会になりました。

式典開会式

 今回の由利本荘大会は、「花ほほえみ 風薫る ゆりほんじょう」をテーマとして、由利本荘市文化交流館「カダーレ」を主会場に式典などが行われたほか、2日目には地域のボランティアによる花のまちづくり活動や由利本荘市内で盛んに栽培されている「あきた鳥海りんどう」の生産現場などの見学会が行われました。

 7月17日の式典では、佐竹睦子実行委員長(秋田県花いっぱい運動の会会長)が開会宣言をした後、主催者として、佐竹敬久秋田県知事と湊貴信由利本荘市長が挨拶に立ち、また、花のまちづくりコンクール推進協議会の野路國夫会長はビデオレターでの挨拶となりました。

佐竹睦子実行委員長(秋田県花いっぱい運動の会会長)
佐竹睦子実行委員長(秋田県花いっぱい運動の会会長)

 その後、秋田県花いっぱい運動の会が取り組んでいる事業の紹介から始まり、事例発表では、地元由利本荘市の「石脇緑を守る会」の石崎英雄さんと佐藤正志さんの二人から、「ほほえみ花壇で思わずにっこり」という演題で、地域住民のボランティアによる花壇づくりに取り組んで、失敗や試行錯誤を何度も繰り返し、ようやく満足できる花壇ができたときの喜びと感動を伝えてくださいました。また、横手市の「十文字環境美化を考える会」の佐々木仁さんからは、「魅力度アップのまちづくりをめざして」という演題で、全国花のまちづくりコンクールで最高賞である国土交通大臣賞を受賞した時の経緯や地域の町内会やボランティアのほか、地元の企業や学校等との協働・連携による花のまちづくり活動や花のある景観づくりの取り組みについてご紹介いただきました。

由利本荘市「石脇緑を守る会」の石崎秀雄さんと佐藤正志さん
横手市「十文字環境美化を考える会」の佐々木仁さん

 そして、特別講演(オンライン)では、園芸家の杉井志織さんから、「新しい園芸のススメ~暮らしは楽しいほうが良い~」というテーマで、杉井さんが日頃から関わっているガーデニングや花壇づくりのほか、東京オリンピックに向けたトライアルガーデンについて紹介いただきながら、誰でも気軽にできるガーデニングや花の特性や土づくりについてお話を伺いました。

園芸家・杉井志織さんのリモート講演
園芸家・杉井志織さんのリモート講演

 オープニングアトラクションでは、最上谷会(平成30年「第58回郷土民謡民舞全国大会」において、民舞グランプリ大賞、内閣総理大臣賞を受賞)による民舞が披露され開会を盛り上げてくださいました。

最上谷会による民舞

親子で「花育」寄せ植えづくり体験講座を開催しました

花や緑に親しみ、育てる機会をとおして優しさや思いやりの心をはぐくむ「花育」の一環として、三種町と由利本荘市で小学生と保護者を対象とした寄せ植えづくり体験講座を開催致しました。
はじめに植える花の種類や植え方について学び、そのあとで実際に屋外に出て寄せ植え体験。家族で話をしながら、笑顔で寄せ植えしていました。
三種町寄せ植え_3

◇6月5日(土)三種町「八竜公民館」 参加者:19組46名
三種町寄せ植え_1 三種町寄せ植え_2
三種町寄せ植え(午前)
三種町寄せ植え(午後)

◇6月6日(日)由利本荘市矢島「日新館」 参加者:9組27名
由利本荘市寄せ植え_3 由利本荘市寄せ植え_2
由利本荘市寄せ植え_1

参加した保護者の方からは「花の特性を教えてもらいながら出来て、初心者でも上手に植えられました」、「充実した親子の時間を過ごすことができました」や、子どもからは「お花の手入れは学校でやっているけど、おうちでもがんばる!」、「今日のことを思い出して、今後も祖母の花の手入れの手伝いをしていきたい」などの感想をいただきました。
これを機会に、少しでも地域の方が花だんづくりで楽しく触れ合って頂けたらよいなと感じました。

花のまちづくりパネル展開催しました

花いっぱいで秋田を元気に!「花のまちづくり活動パネル展」を、遊学舎県民ギャラリーで開催しました。
パネル1

7月17日・18日、由利本荘市で開催される「全国花のまちづくり由利本荘大会」のPRを兼ねて、「全県花だんコンクール」にご応募いただいたパネルや写真を展示しました。
地域の方々が楽しく花のまちづくり活動に取り組んでいる様子が少しでも伝わればと思います。

あきた花めぐり手帖を作成しました

このたび秋田県と秋田県花いっぱい運動の会との協働事業により、秋田県内の花の見どころや花のイベントに関する情報を掲載した「あきた花めぐり手帖」を作成致しました。
hanameguri_HP

オールカラー32ページ、カバンに入れやすいハンディサイズ(A5)です。
お出かけやドライブなど、県内の「花めぐり」に是非ご活用いただき、花を介した活力ある地域づくり活動に、一層のご理解とご協力をいただければ幸いです。

掲載施設のほか、県内8地域振興局、市町村、観光施設等に配布する予定ですが、見つけられない場合は「秋田県花いっぱい運動の会(遊学舎内)」にお問い合わせください。

「花のまちづくり協働推進セミナー」を開催しました

令和3年3月2日(火)、秋田市の遊学舎を会場に「花のまちづくり協働推進セミナー」を開催しました。当日は県内各地域で花壇づくりや花いっぱい運動に取り組んでいる方々など約40名が参加してくださいました。
セミナーでは、秋田県内の地域住民による花のまちづくり活動や市町村による花いっぱい運動の事例発表が行われました。また、リモートで参加してくださった公益財団法人日本花の会の越後秀人さんから、全国の花のまちづくり活動の事例について話題提供をいただきました。
kaijyou_2

最初に、羽後町生活環境課の髙橋浩子さんから、羽後町の花いっぱい運動の取組について事例発表がありました。羽後町では、平成26年度から町の環境美化と地域交流の活性化を目的として、「うごまち花いっぱい花壇コンクール」を開催するなど、花いっぱいの町づくりに取り組んでいます。
次に、大仙市太田町の後藤光三さんから、「おおた花の会」と公民館、学校、地域住民等が協働で取り組んでいる太田の花のまちづくり活動や「おおた花だんフェア」について事例発表がありました。また、後藤さん個人の家庭花壇に関する事例や工夫についてもご紹介いただきました。
ugomachi_takahashi oota_gotoh

公益財団法人日本花の会の越後秀人さんは、東京からリモートで参加していただき、全国の花のまちづくり活動の事例や、自らが全国花のまちづくりコンクールに関わってきた経験の中で気づいたことについてお話をしていただきました。
越後さん「全国花のまちづくりコンクールは、単なる花壇コンクールではなく、周囲の景観との調和を考えて花を配置しているか、多年草や花木類も組み合わせて環境に負荷をかけない工夫をしているか、美しい街並みや風景づくりを考えているか、また、地域のコミュニティや住民、ボランティアがどのように関わっているかなど、花と人・花と社会との関わりの中で花が社会に及ぼすプラスの影響「花の社会性」を活かした花のまちづくりが行われているかを審査します。私がこのコンクールを通して気づいたことは、①花を育てる子どもは愛情深い人に育つ、②花の世話をする高齢者は元気で笑顔、③そんな子どもや高齢者を地域・住民が支援する、④花でつながるまちはきれいで気持ちがいい、住みたい!ということです。」
echigo_3

「花づくりは地域づくりと人づくり」として、これからも市民と行政、企業等との協働・連携による花のまちづくり活動の輪を広げ、元気な秋田づくりを目指していきたいと思います。

「全国花のまちづくり由利本荘大会」チラシ・リーフレットができました

「全国花のまちづくり由利本荘大会」のチラシ・リーフレットが完成致しました。

★ダウンロードはこちらから
「全国花のまちづくり由利本荘大会」チラシ
「全国花のまちづくり由利本荘大会」リーフレット

「花のまちづくり協働推進セミナー」を開催します

花を介した県民協働の輪を広げ、花の社会性を活用した新しいコミュニティづくりや多世代交流・花育の推進など、多様な主体による花のまちづくりを進め、活力ある秋田づくりを目指して、「花のまちづくり協働推進セミナー」を開催します。
R2年度花のまちづくり協働推進セミナーチラシ(表)
日 時:令和3年3月2日(火)午後1時30分から午後3時30分
場 所:秋田県ゆとり生活創造センター「遊学舎」
定 員:50名
参加費:無料
主 催:秋田県、秋田県花いっぱい運動の会

今回は、町ぐるみで「花いっぱい運動」に取り組んでいる羽後町と太田町の取り組みについての事例発表と、公益財団法人日本花の会の越後秀人さんから「全国の花のまちづくりコンクール」と地方大会について、リモートにて話題提供をしていただきます。
「花のまちづくり」について一緒に考えてみたい方、関心のある方はどうぞご参加下さい。

※参加に際し、マスクの着用をお願いいたします。また、会場前で手指消毒のご協力をお願いします。
R2年度花のまちづくり協働推進セミナーチラシ(裏)

「全県花だんコンクール写真展2020」を開催

花いっぱいで秋田を元気に!「全県花だんコンクール写真展」を、遊学舎県民ギャラリーで開催しています。
「第56回全県花だんコンクール」にご応募いただいた地域や学校、職場、家庭花だんと、それに携わっている人たちの笑顔も見られます。
この写真展を通して、地域の方々が楽しく取り組んでいる様子が少しでも伝わればと思います。ぜひご覧ください。

期間:2020年12月1日(火)~2020年12月13日(日)
(遊学舎の開館時間は平日9:30~21:30・日曜9:30~18:00です。)
R2全県花だんコンクール写真展

秋田市で花育講座を開催しました

令和2年10月31日(土)、秋田市の遊学舎を会場に親子で「花育」寄せ植え体験講座を開催しました。この講座は花によるまちづくり事業の一環として、親子で寄せ植えづくりを体験してもらうなど、花を介した多世代交流を図り、花で秋田を元気にしようというものです。
にかほ市・由利本荘市のときと同じく、新型コロナウイルスの感染防止対策のため、マスクの着用と手指の消毒などを呼びかけ、3密にならないように人数を制限し、午前と午後の2回に分けて寄せ植えづくりを楽しんでもらいました。
参加人数:親子13組、33名。
R2花育(秋田市・午前)佐竹会長あいさつ

座学の後は、遊学舎のふれあい広場に移動して、秋の寄せ植えづくりを体験していただきました。
R2花育(秋田市・午前)座学 R2花育(秋田市・午前)土づくり
R2花育(秋田市・午前)花選び R2花育(秋田市・午後)寄せ植え2

当日はハロウィーンということで、カボチャのピックも飾り、可愛らしい寄せ植えとなりました。
R2花育(秋田市・午前)寄せ植え

また、チューリップの球根を、寄せ植えのお仲間に入れてもらうことにし、一緒に埋めることにしました。
参加したお子さんからは「春になったらチューリップ咲くの楽しみだね!」というお声が聞かれました。
R2花育(秋田市・午前)集合写真 R2花育(秋田市・午後)集合写真

保護者の方からは「花が育つのに必要なことを知ることができて良い学びとなりました。花を手入れして“はぐくむこと”を子どもが体験していけると良いと思います」や「心を豊かにするいい企画だと思います」などの感想をいただきました。

「第56回全県花だんコンクール」の表彰式が行われました

令和2年10月27日(火)、秋田県ゆとり生活創造センター「遊学舎」において、第56回「全県花だんコンクール」の表彰式が行われました。
当日は全県から花だんづくりに取り組んでいる地域の方々や学校、企業、個人の方など100名あまりが出席され、秋田県知事賞をはじめとする特別優秀賞の表彰と事例発表などが行われました。
R2年度全県花だんコンクール_2020_10_27
R2年度全県花だんコンクール_橋本秀樹課長_2020_10_27 R2年度全県花だんコンクール_佐竹睦子会長_2020_10_27
挨拶をする、秋田県あきた未来創造部地域づくり推進課の橋本課長(写真左)と、秋田県花いっぱい運動の会の佐竹会長(写真右)

農林中央金庫秋田支店様からチューリップの球根の贈呈式が行われました。
R2年度全県花だんコンクール_球根贈呈式_2020_10_27
農林中央金庫秋田支店の様(右)と、秋田県花いっぱい運動の会の佐竹会長(左)

入賞者は次のとおりです。

✿ 秋田県知事賞 ✿
R2三千刈東町内会
・秋田市 三千刈東町内会
R2道の駅十文字
・横手市 道の駅十文字

✿ 秋田県教育長賞 ✿
R2比内支援学校かづの校 R2比内支援学校たかのす校・鹿角市 秋田県立比内支援学校かづの校(写真左)
・北秋田市 秋田県立比内支援学校たかのす校(写真右)
R2太田北小学校 R2十文字第一小学校1
・大仙市立太田北小学校(写真左) ・横手市立十文字第一小学校(写真右)

✿ JAバンクあきた賞 ✿
R2秋田市立浜田小学校
・秋田市立浜田小学校

✿ 毎日新聞社賞 ✿
R2大湯パンジーの会 R2株式会社セコー
・鹿角市 大湯「パンジーの会」(写真左) ・五城目町 株式会社セコー(写真右)

✿ 秋田魁新報社賞 ✿
R2天瀬川婦人会
・三種町 天瀬川婦人会
R2那智会 R2後藤圭子
・羽後町 那智会(写真左) ・大仙市太田町 後藤圭子(写真右)

✿ 秋田県華道連盟 会長賞 ✿
R2西野老人クラブ
・五城目町 西野老人クラブ松鶴会

✿ 秋田県造園協会 会長賞 ✿
R2小倉山荘
・五城目町 小倉温泉

✿ 株式会社ポーラ賞 ✿
館越町内有志
・秋田市 館越町内有志

✿秋田県緑化推進委員会 会長賞 ✿
R2森山荘
・五城目町 養護老人ホーム森山荘
R2秋田大学 R2田中陽子
・国立大学法人秋田大学(写真左) ・秋田市 田中陽子様(写真右)

✿ 秋田県花いっぱい運動の会 会長賞 ✿
R2谷地中老人クラブ R2岡本一区老人クラブ
・五城目町 谷地中老人クラブ(写真左)
・五城目町 岡本一区老人クラブ盛寿会(写真右)
R2小又の里 R2太田町下南地域花だん
・秋田市 障害者支援施設小又の里   ・大仙市太田町 下南地域花だん
R2山内大松川区 R2羽後町尼沢地域保全会
・横手市山内大松川区         ・羽後町 尼沢地域資源保全会

その後、花いっぱい運動功労者表彰が行われ、長年にわたり地域の花いっぱい運動に尽力されてこられた、下記の団体・個人に表彰状が授与されました。
R2年度全県花だんコンクール_功労者_2020_10_27
・大湯「パンジーの会」(鹿角市)
・松岡誠三様(北秋田市)
・志戸橋老人クラブ 代表 袴田二三也様(三種町)
・岩渕光弘様(秋田市)
・藤原カヨ子様(秋田市)
・佐々木仁様(横手市十文字町)
・秋田市民憲章推進協議会(秋田市)

審査委員長の佐々木仁さんより審査講評の後、秋田県知事賞を受賞された「三千刈東町内会」の岩渕光弘様より事例発表をいただき、盛会裏に表彰式を終了しました。

R2年度全県花だんコンクール_審査委員長佐々木仁様_2020_10_27
審査講評をする審査委員長の佐々木仁さん

R2年度全県花だんコンクール事例発表_岩渕光弘様_2020_10_27
事例発表をする「三千刈東町内会」の岩渕光弘様