「会員近況」カテゴリーアーカイブ

第27回全国花のまちづくり由利本荘大会が開催されました。

 去る7月17日(土)~18日(日)の2日間にわたり、由利本荘市を会場に「第27回全国花のまちづくり由利本荘大会」が開催されました。この大会は、花のまちづくりコンクール推進協議会(公益財団法人日本花の会など)が、全国の都道府県や市町村との共催で花のまちづくり活動を推進し、地域の活性化を図ることを目的として毎年開催されているものです。秋田県では平成10年に秋田市で開催されて以来、23年ぶり2回目の開催となりました。また、本来であれば、全国から花のまちづくり活動に関心のある多くのお客様をお迎えして、盛大におもてなしや交流、情報交換をさせていただく予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、参加者については、秋田県内在住の方のみを対象とさせていただきました。そのため、会場に来られなかった方々のために大会の様子は動画配信され、特別講演もオンラインで行われるなど、ICT技術を活用したコロナ禍での新しい形の大会になりました。

式典開会式

 今回の由利本荘大会は、「花ほほえみ 風薫る ゆりほんじょう」をテーマとして、由利本荘市文化交流館「カダーレ」を主会場に式典などが行われたほか、2日目には地域のボランティアによる花のまちづくり活動や由利本荘市内で盛んに栽培されている「あきた鳥海りんどう」の生産現場などの見学会が行われました。

 7月17日の式典では、佐竹睦子実行委員長(秋田県花いっぱい運動の会会長)が開会宣言をした後、主催者として、佐竹敬久秋田県知事と湊貴信由利本荘市長が挨拶に立ち、また、花のまちづくりコンクール推進協議会の野路國夫会長はビデオレターでの挨拶となりました。

佐竹睦子実行委員長(秋田県花いっぱい運動の会会長)
佐竹睦子実行委員長(秋田県花いっぱい運動の会会長)

 その後、秋田県花いっぱい運動の会が取り組んでいる事業の紹介から始まり、事例発表では、地元由利本荘市の「石脇緑を守る会」の石崎秀雄さんと佐藤正志さんの二人から、「ほほえみ花壇で思わずにっこり」という演題で、地域住民のボランティアによる花壇づくりに取り組んで、失敗や試行錯誤を何度も繰り返し、ようやく満足できる花壇ができたときの喜びと感動を伝えてくださいました。また、横手市の「十文字環境美化を考える会」の佐々木仁さんからは、「魅力度アップのまちづくりをめざして」という演題で、全国花のまちづくりコンクールで最高賞である国土交通大臣賞を受賞した時の経緯や地域の町内会やボランティアのほか、地元の企業や学校等との協働・連携による花のまちづくり活動や花のある景観づくりの取り組みについてご紹介いただきました。

由利本荘市「石脇緑を守る会」の石崎秀雄さんと佐藤正志さん
横手市「十文字環境美化を考える会」の佐々木仁さん

 そして、特別講演(オンライン)では、園芸家の杉井志織さんから、「新しい園芸のススメ~暮らしは楽しいほうが良い~」というテーマで、杉井さんが日頃から関わっているガーデニングや花壇づくりのほか、東京オリンピックに向けたトライアルガーデンについて紹介いただきながら、誰でも気軽にできるガーデニングや花の特性や土づくりについてお話を伺いました。

園芸家・杉井志織さんのリモート講演
園芸家・杉井志織さんのリモート講演

 オープニングアトラクションでは、最上谷会(平成30年「第58回郷土民謡民舞全国大会」において、民舞グランプリ大賞、内閣総理大臣賞を受賞)による民舞が披露され開会を盛り上げてくださいました。

最上谷会による民舞

令和2年度「第56回全県花だんコンクール」特別優秀賞受賞者決定のお知らせ

令和2年度の全県花だんコンクールには、県内各地から148件の応募がありました。9月14日から18日までの審査員による現地審査を経て、9月29日(火)に行われた最終審査委員会において、最高賞である秋田県知事賞など、特別優秀賞が決定いたしました。

【秋田県知事賞】
三千刈東町内会(秋田市)
R2全県花だんコール_知事賞(秋田市・三千刈東町内会)
道の駅 十文字(横手市十文字町)
R2全県花だんコール_知事賞(横手市十文字町・道の駅十文字)トリミング

【JAバンクあきた賞】
秋田市立浜田小学校

【毎日新聞社賞】
大湯パンジーの会(鹿角市)
株式会社セコー(五城目町)

【秋田県教育長賞】
秋田県立比内支援学校かづの校(鹿角市)
秋田県立比内支援学校たかのす校(北秋田市)
横手市立十文字第一小学校
大仙市立太田北小学校

【秋田魁新報社賞】
天瀬川婦人会(三種町)
後藤圭子(大仙市太田町)
那智会(羽後町)

【秋田県華道連盟会長賞】
西野老人クラブ松鶴会(五城目町)

【秋田県造園協会会長賞】
小倉温泉(五城目町)

【株式会社ポーラ賞】
館越町内有志(秋田市)

【秋田県緑化推進委員会会長賞】
国立大学法人秋田大学(秋田市)
田中陽子(秋田市)
養護老人ホーム森山荘(五城目町)

【秋田県花いっぱい運動の会会長賞】
尼沢地域資源保全会(羽後町)
谷地中老人クラブ(五城目町)
岡本一区老人クラブ盛寿会(五城目町)
障害者支援施設小又の里(秋田市)
下南地域花だん(大仙市太田町)
横手市山内大松川区

ウエルカムフラワー用植え込み作業を実施

「ねんりんピック秋田2017(第30回全国健康福祉祭あきた大会)」が平成29年9月9日(土)~12日(火)開催されるのに合わせ、秋田県花いっぱい運動の会では、大会前後(7日~13日)に秋田駅前にウエルカムフラワーを設置することになり、花の植え込み作業を6月13日、遊学舎の中庭にて実施致しました。
nenrin_1

参加してくださったのは、当会の会員さんや理事のほか、興味のある方々10名程。
暑い一日でしたが、無事500株ほどのマリーゴールドを定植することができました。
nenrin_2

このプランターには、栽培にご協力いただいた団体名等が記載されたシールを貼ることとしています。
設置予定としているのは秋田駅改札を出たフォンテAKITA側ぽぽろーど、秋田駅東口駅前広場、アルヴェ前、などです。
ねんりんピック開催迄まだまだ日がありますので、今咲いているお花は摘み取ってしまいます。勿体ないですが、本番満開でいて欲しいので、仕方ありませんね。
期間中は、可愛いマリーゴールドが秋田駅前で皆さんをお待ちしていますので、ぜひご覧くださいね。
nenrin_3 nenrin_4

「太田花だんフェア」開催(告知)

県内で花いっぱい運動を積極的に行っている地域のひとつに、大仙市太田町があります。
役場・小・中学校等の公的な機関、道路端のフラワーロードや耕作放棄地を活用した花畑、自治会や個々の家に至るまで、町ぐるみで花だんづくりの取り組みをしており、秋の花盛りには町全体が色とりどりの花で彩られます。
そんな太田町で、平成28年8月27日(土)から9月4日(日)まで、恒例の「第24回太田花だんフェア」が開催されます。
IMG_7314
8月27日(土)・28日(日)の2日間は、コイケ種苗株式会社による「寄せ植え体験講習会」が随時開催されるほか、花市も開かれます。特に「お花見バス」の運行は人気で、それぞれの集落会を中心とする「おおた花の会」メンバーにより整備された、集落内の花だんをバスで巡ることができます(コースは「太田花の里マップ」を参考に)。
時間は、27日午前10時・午後2時からと、28日午前9時からです。無料ですが定員34名です。詳しくは太田公民館(0187-88-1119)まで。
IMG_7317 IMG_7285
(画像はいずれも2014年の「太田花だんフェア」の様子です。)
また、8月28日(日)午後1時半から太田中学校体育館で「おおた花の会20周年記念式典」も開催。同校吹奏楽部の演奏会の後、前太田中学校長・黒澤一紀氏の記念講演などあります。式典に来場の方には、お花のプレゼントがあるとか!
お花が好きな方は、是非お出掛けください。きっと楽しめると思いますよ。

「おおた花の会」に関する過去記事も併せてご覧ください。
おおた花の会・設立20周年記念誌「花心」発行

第62回秋田県代表いけばな作家展

秋田市にぎわい交流館で6月2~7日の会期で行われていた「第62回秋田県代表いけばな作家展」を、最終日の7日に見に行って参りました。
IMG_6109
このいけばな展の出品者は、秋田県に16流派ある代表作家さんや、各流派より選抜された方々(主に教室を開いたりしている指導者等)で構成されています。
当会の役員でもある苅安清祥さんの作品も、堂々とした佇まいを魅せておりました。
IMG_6116
以前、苅安先生が「いけばなの基本は、生きているものを、生きているように生けることで、季節や想いを託すことができるのよ。古い形式を大事にするも、新しい感性を発揮するも、花からのメッセージを受け止め、活き活きと生ける心が大事ですね」と、教えてくださいました。
IMG_6113 IMG_6121
IMG_6107 IMG_6108
今年度より隔年開催となりましたが、それぞれの流派の特徴・得意としている魅せ方を知ることのできるまたとない機会です。
近年は、古い形式にとらわれない斬新な生け方をする若い作家さんも出てきたということで、これからのいけばなの在り方に波紋を呼びそうですが、苅安先生のおっしゃるように、そういった変化もまた楽しみにして再来年の開催を待ちたいと思います。

事務局Yでした。

おおた花の会・設立20周年記念誌「花心」

総会当日、参加の皆さまに「太田花の会」事務局の後藤光三さんから、おおた花の会・設立20周年記念誌「花心」をお配りいただきました。
IMG_6023
「花いっぱい運動」に長年関わる当会の役員や、かつての母体「(社)あすの秋田を創る協会(平成27年度で解散しました)」関係者等も寄稿されており、カラー写真・年表等で取り組みが解り易く紹介されています。
IMG_6025IMG_6026
IMG_6024
太田町や「おおた花の会」の花いっぱい運動の取り組みにつきましては以前こちらの記事でお伝えしておりましたとおりですが、毎年恒例「おおた花だんフェア(8月最終土曜日~)」でも、様々な記念事業を計画されているようで、今後もますます活発に活動をされていくことでしょう。

おおた花の会、設立20周年記念誌「花心」発行!

5/9(月)付地元新聞の県南情報コーナーにて紹介されたのでご存知の方もいらっしゃるかと存じますが、県内でも特に花いっぱい運動の推進を活発に行っている地域のひとつ、大仙市太田の「おおた花の会」が記念誌「花心」を発行しました。
以前こちらのブログでもご紹介した通りですが、太田町は役場・小・中学校等の公的な機関はもちろんのこと、道路端のフラワーロードや自治会や個々の家での花だんづくり・「花だんフェア」の開催など、町全体が花づくりの取り組みをしており、「花のまち・おおた」として知られています。
1997年4月の設立から来年で20周年となるのに合わせ、28名の寄稿者それぞれの太田地域や花にまつわる思いなどを綴り、その中にはもちろん「秋田県花いっぱい運動の会」関係者も多く、全県花だんコンクール審査員の先生方や花づくりの指導者などの思いが寄せられているようです。
実は事務局にはまだ現物が届いていないので、中を拝見させていただくのはもう少し後になります(予定では5/31の全体総会になるでしょう)が、事務局の後藤さんからはいち早く電話をいただき、「太田町内外の皆さんから、心のこもった原稿をいただき感謝しています。前回(10周年)に引き続き発行できたことを嬉しく思っています」とおっしゃっていました。
これからも地域一丸となって邁進していかれることをお祈り申し上げます。

「おおた花の会」設立20年記念誌発行!

IMG_7311
★小神成地域の3集落にある花だんは「花の駅」と呼ばれ、それぞれの集落会を中心とした「おおた花の会」メンバーによって整備され、毎年集落をバスで巡る「太田花だんフェア」が行われています(写真は2014年の様子です)。

秋田県内でも、特に花いっぱい運動の推進を活発に行っている地域のひとつに、大仙市太田町があります。
太田町では町全体が花づくりの取り組みをしており、役場・小・中学校等の公的な機関はもちろんのこと、道路端のフラワーロードや耕作放棄地を活用した花畑、自治会や個々の家での花だんづくりで、秋の花盛りには町全体が色とりどりの花で彩られます。

そんな太田町の花づくり・人づくりをひときわ推進している「おおた花の会」が、設立20年を迎えるにあたり記念誌「ver,2花心(仮称)」を発行することになりました(10年前に発行した続編としての「ver,2」)。
花の町太田の花いっぱい運動の活動・事業などをまとめた冊子となります。
地域一丸となり取り組んだ運動を伝え、より身近な記念誌となる予定です。
※原稿の応募は締め切らせていただきましたので、ご了承ください。

詳しくは、「おおた花の会事務局(後藤:0187-89-1024)」までお問い合わせください。

参考 大仙市ホームページ