カテゴリー別アーカイブ: 花めぐり

あきた花めぐり手帖を作成しました

花のまちづくり協働推進事業の一環として、秋田県内の花の見どころ、花のイベントなどに関する情報を掲載した「あきた花めぐり手帖」を作成しました。多くの方々にご活用いただき、花を介した活力ある地域づくり活動に、より一層のご理解とご協力をいただければ幸いです。
hp_pr

オールカラー24ページ、カバンに入れやすいハンディ(A5)サイズです。
お出かけやドライブなど、県内の「花めぐり」に是非ご活用ください。
掲載施設のほか、県内8地域振興局、市町村、観光施設等に配布する予定ですが、なかなか見つけられない場合は、「秋田県花いっぱい運動の会(遊学舎内)」にお問い合わせください。

—–5/9追記—–

「花めぐり手帖」P15横手市・たいゆう緑化園の紹介文が間違っておりました。
正しくは下記のものとなりますので、お手元にある冊子をご確認いただけますと幸いです。
関係者の皆さまにはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。

〇横手市「たいゆう緑化園」(9月上旬~中旬)
8月中旬から10月にかけサルビア・マリーゴールド・日々草・メランポジウムなど約2万5千株の花々が約1.5haの広大な敷地全面に咲き揃い、道行く人々の心をなごませてくれます。園内には散策路や休憩ハウスを設置しており、花の香りに包まれながら心身とも癒される時間を過ごすことができます。
場所:県道29号横手大森大内線沿い(横手市大雄字精兵西121-1)
問合:大雄地域局大雄地域課産業建設係(0182-52-2111)

「花めぐり手帖 2018▶2019」制作中!(年末年始のお知らせ)

今年も僅かとなりました。
花好きな皆さんにとりまして、この一年は花とともにあり、花に囲まれて過ごした充実の日々だったのではないでしょうか。そこには、花にまつわる数々の思い出や共に過ごした仲間の笑顔があったのではないでしょうか。

さて、県内には、ご自宅の周り以外にもたくさんの花の見どころがあります。
桜並木や菜の花ロード、一面のラベンダー畑…
「名所」となっている場所は、そこに行かないと見ることができません。
そんな花が見られる場所の紹介や見頃、イベント等を月ごとにまとめた「花めぐり手帳」を、来年3月に発行予定しており、現在鋭意制作中です。
前回、前々回とも好評だった「花めぐりカレンダー」は反響が大きく、早々に在庫がなくなってしまいましたので、今回は発行部数を5,000冊に増やす予定です。
前回残念ながらお手に取れなかった方の目にも触れていただければ幸いです。
今回初掲載の場所もありますので、どうぞ楽しみにお待ちください。
印象深い内容となるよう、事務局渾身の一冊を編集中です!
hanameguri_pr_photo

事務局は、2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)までお休みをいただきます。
皆様も、どうぞ良い年末年始をお過ごしください。

ねんりんピックウエルカムフラワー設置

先にお伝えをしておりましたとおり、秋田県花いっぱい運動の会では平成29年9月9日(土)~12日(火)開催の「ねんりんピック秋田2017(第30回全国健康福祉祭あきた大会)」に合わせ、秋田駅前にウエルカムフラワーを設置しています。
IMG_2073
秋田県花いっぱい運動の会で任されたのは「ぽぽろーど・アルヴェ前・秋田駅東口駅前広場」の三ヶ所で、それぞれ黄と橙のマリーゴールドが植えられています。
プランターには、花の手入れや管理を手伝ってくださった団体のシールが貼られています。
IMG_2066

手伝ってくださった団体のうちのひとつ、秋田市立浜田小学校の小松さんからは、花の生育状況を写真付きでまめにご報告いただきました。一部を抜粋してご紹介致します。
hamada_houkoku-1
こういった方々の協力により、「ウエルカムフラワー」は無事設置される運びとなりました。
ご協力いただきました皆様には、この場を借りて職員一同心より感謝申し上げます。

毎日朝晩ボランティアスタッフの皆さんや職員が、水やりをしたり花がら摘みをしたりと目をかけていますが、花の状態は日々変化します。
現在のお花はどんな様子でしょう。
IMG_2067
IMG_2069 IMG_2057
そうそう…しばらく忘れておりました花言葉シリーズ、マリーゴールドは「黄…健康、橙…予言」で、その名の通り「聖母マリアの祭日に、いつも咲いている黄金の花」だったから(ちなみに、聖母マリアの誕生日は9/8)だそうです。
いつもは咲いていませんが、大会前後(7日~13日)は秋田駅前を彩りますので、こちらにお越しの際には、どうぞ足元にある小さな命に気づいてくださいね。

世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

春爛漫、桜の季節を待ち遠しく思っている方は多い筈。
日本人にとって昔から馴染みのある桜。どのくらいの数の品種があるのでしょう…?
調べてみると、サクラは突然変異が多い植物だそうで、野生種、自生種、品種改良されたものまで含めると、なんとその数は100種類を超えているとか。驚きですね!
とはいえ、比較的日本人にも知られている、名の付いた野生種は下記の10種類。それぞれの特徴は、調べてみてくださいね。
ヤマザクラ、オオシマザクラ、カスミザクラ、マメザクラ、チョウジザクラ、オオヤマザクラ、エドヒガン、カンヒザクラ、タカネザクラ、ミヤマザクラ。

あれ?ソメイヨシノは…?
こちらは、江戸時代に品種改良されたものです。奈良の「吉野桜」とは別の桜ということで、現在の豊島区にあった染井村の名前を取って「ソメイヨシノ」と改名されたようです。
野生種とどこが違うかと言えば、花が咲いている間は葉がつかないということでしょうか。ヤマザクラなどは、花と同時に赤茶色の若葉が出ますので、真っ白い花との対比で「赤く萌えるように」見えるのです。昔から物語や俳句等に謳われてきたのは、これら自然の中で生まれ育った日本古来の桜です。

野生種ならではの力強い美しさも、観賞用に人の手が入った努力の美しさも、どちらも桜です。
花好きな人は、品種にこだわらず、その命を愛でることができます。
「散ればこそ いとど桜はめでたけれ 憂き世になにか久しかるべき」
桜は、日本人にとって特別な思いが宿る、不思議な魅力があります。
今年も、お一人でも、誰かと一緒でも、楽しく思い出に残るお花見になるといいですね。

事務局Yが好きなのは、オオシマザクラ。
理由は…桜餅に使用する塩漬けの葉っぱだから(笑)桜の香りも、梅の花の香りも、好きです!
ちなみに、桜茶にも昔から使用されてきましたが、最近では専ら八重桜が使われているようですよ。

~おまけ~
P1060486
こちらは、珍しい黄桜。由利本荘市東由利の八塩の森公園にて。ゴールデンウィークの頃が見頃です。

「花めぐり手帖」裏話~3月~ニゲル裏話~

3月5日、横手市の「秋田ふるさと村」で開催された「クリスマスローズと魅惑の洋ラン展」に、プライベートで遊びに行って参りました。仕事ではないのですが、せっかく写真を撮ってきましたので少しだけご紹介しますね。

毎年テーマを決めて会場中央ステージに設置される大型タワーオブジェは、色とりどりの洋ランを約1,000株使用。大迫力です。
県内の花の愛好家やふるさと村洋ラン友の会の皆さんによる花の展示コーナーや、ピアニストによる花にまつわる演奏会もありました。
IMG_9778

直径が2mm~5mmと、ルーペで見ないと確認できないほど小さな花をつける「小さな花のラン」コーナーでは、注目するあまり、度の合わない眼鏡をかけた時のような軽い眩暈を覚えました…。
IMG_9818

当会の会員でもある「むつみ造園土木㈱」さんの「春を呼ぶインドアガーデン」も、見応えがありました。
IMG_9796 IMG_9809

クリスマスローズの原種系の展示や、洋ランの販売コーナーも充実していましたよ。
IMG_9813 IMG_9802

クリスマスローズって、何故そんな名前がついたのか調べてみますと、やはりキリスト教にまつわるお話が出てきました。
イエス・キリストが生まれた時、裕福ではない少女が母マリアにお祝いをあげたいが、何も無いと嘆き涙をこぼした先に「ニゲル」が咲き乱れ、少女はその花束をマリアと幼子イエス・キリストに贈ったとか。「ニゲル」は、クリスマスローズの原種です。
ところで、クリスマスローズには毒性がありますので、作業をする際には手袋をはめるなど、直接肌には触れないような工夫が必要です(昔のヨーロッパでは、戦いの際、槍の先に塗る毒だったようです…)。
毒のある物は、ひときわ美しく感じるということでしょうが、あまり毒がある場合はニゲルが良いことも…。
そんなクリスマスローズ(ニゲル)の花言葉は、古来より様々ありますが、どれも寂しいものばかり。その中でも「追憶」は、端的にこの花の存在感を表す言葉のような気がします。

話は少し反れましたが、気になっていたクリスマスローズの希少品種「ヨシノ」も見ることができました。薄紅色の可愛らしい花びらが印象的です。こうして見ると、クリスマスローズのイメージが変わりますね。
IMG_9781

クリスマスローズと魅惑の洋ラン展2017(秋田ふるさと村)

今回で7回目を迎える「クリスマスローズと魅惑の洋ラン展」が、平成29年3月4日(土)~3月7日(火)、横手市にある「秋田ふるさと村」で開催されます。
furusato_youran_3

毎年大好評の大型タワーオブジェは会場のステージに洋ランを約1,000株使用し、音と光による演出がされるほか、県内の花の愛好家によるコンテスト「私の花自慢」コーナー(※受付は終了いたしました)や、秋田ふるさと村洋ラン友の会による花の展示コーナー、クリスマスローズ希少品種「ヨシノ」の展示も必見です。

開催期間 平成29年3月4日(土)~3月7日(火)
時間 9時30分~17時まで(最終入場は16時30分)
※最終日は15時まで(最終入場は14時30分)
入場料 観覧入場券…500円(中学生以下入場無料)
お得セット券…1,000円(観覧入場+村内各所で使用できる700円分金券付)
フリーパス券…800円(開催期間中入場の際に何度でも利用可)

詳細は、コチラ(※秋田ふるさと村のホームページに飛びます)のページでご確認のうえ、お出かけの際は運転や足元には充分お気を付けくださいね。
●チラシpdf クリスマスローズと魅惑の洋ラン展

※画像は、2015年のモニュメントです。今年はどんなアレンジがされていることでしょうね♪
なお当会で発行した冊子「花めぐり手帖」には会期を2月下旬とご案内しておりましたが、編集が1年以上前のものですので変更となりましたこと、ご了承いただければと存じます。

「花めぐり手帖」裏話~2月~Polderlip Wave 2017(イベント詳細)~

外は銀世界、真冬の様相を見せる秋田から一足早い春の話題をお届けします。
秋田県大潟村では2月11・12日(土日)、大潟村産のチューリップを一堂に展示する「チューリップ作品展」と、村の特産品の展示即売会「産直まつり・チューリップ即売会」とが開催されます。
IMG_4449
(※画像は、ポルダーチューリップウエーブ2016の様子です)

チューリップと言うと、何となく温かい場所で咲くようなイメージがあるのに、秋田でチューリップ?しかも大規模稲作農家さんのイメージがある大潟村??と、疑問が湧いてくると思いますが、実はチューリップの栽培が東北一なのは、何と真冬の大潟村。
日本海側の日照の少ない気候はチューリップの生産に好適地で、村のチューリップ栽培は通常の稲作が落ち着いた冬の閑散期にハウスで行われます。

以前聞いた話では、村が県から土地を借り受けし、村内希望入植者に貸し出した施設園芸団地内で水稲以外の花卉・野菜などの部門に力を入れる目的で、オランダ大使館より派遣されたチューリップ輸入業者が球根の仲介から生産に至るまでの指導をしたことを発端に、平成元年からスタートしました。
温かい場所に置いておくとどうしても咲き足が早く、すぐに花弁が開いてしまいます。12月に定植させたチューリップを約40㎝に延びるまでハウス内の気温を常に12~14℃を保ち日照調整(遮光)を同時に行いながら育成、こうすることで「咲き足の速さ」は軽減され蕾で出荷してもお客さんの手に届く頃に満開に。
大変な手のかかりようですが、農家さんが一生懸命にチューリップに愛情を注いだ結果、全国各地から注文が入るほどの人気ぶりで、今や大潟村のチューリップ作付けは東北一を誇るまでになりました。

写真やイラストに描かれることの多い3つに開いた花弁は、「チューリップ」のイメージとしてよく見られますが、実は咲き終わりのチューリップなんですね(八重等一部の品種は除きます)。
IMG_4437
(※画像は、ポルダーチューリップウエーブ2016の様子です)

さて、話は戻りまして来月11・12日は、そんな大潟村産のチューリップに関係するイベントが開催されます。

時間:9:00~16:00
会場:大潟村干拓博物館
●体験〈参加料無料〉
・チューリップ生け花チャレンジ(園児・小学生対象、各先着30名)
 2/11 10:30~11:30・13:30~14:30
 2/12 10:30~11:30
・チューリップ押し花チャレンジ(どなたでも、先着50名)
 2/11 10:00~11:00
・栽培ハウス見学ツアー(各先着30名、所要時間1時間)
 2/11 11:00~・13:15~
 2/12 11:00~・13:15~
●展示
・チューリップ品種展示
・チューリップ生け花作品
・チューリップ押し花作品
・記念撮影コーナー

~チューリップ花束プレゼント!~
好きな品種アンケートに答えると、抽選で10名の方に花束をプレゼント!

また、隣接する大潟村産直センター「潟の店」ではチューリップの切り花を販売しており、ご購入の方には先着で農産物のプレゼント等、内容盛りだくさんです(詳しくは産直センター「潟の店(0185-22-4141)」か「大潟村干拓博物館(0185-22-4113)」にお問い合わせください)。
photo
日本で出回っているチューリップは、たくさんの品種改良種があり、花びらの色や形状、開き方などにもそれぞれ特徴があります。そのため花言葉にも、色別・品種別にそれぞれの花言葉があるようです。
その中でも赤色は、「永遠の愛」。ちょうどバレンタインのシーズンですから、大切な人に想いをこめてチューリップのプレゼントなんていかがでしょう?

「花めぐり手帖」裏話~1月~

松の内も過ぎ、皆さま如何お過ごしでしょうか。
秋田市は先週中頃から週末かけては荒れた天気でしたが、昨日と今日の日中は穏やかな晴れ間が見えています。
遊学舎の入口付近には、秋頃実を付けたナナカマドが依然として赤い実を鈴なりに魅せ、真っ白な雪との対比が美しいです。
nanakamado_2
ナナカマドが冬になっても実を落とさないのは、未成熟の実に含まれるソルビン酸の作用で菌が繁殖しない為だそう。
そのお陰もあり、食べ物の少ない季節、鳥たちの食料になっているようです。
nanakamado_1
花言葉は「慎重・賢明」。名前の由来は、花好きの皆さんもきっとご存知でしょうが、「七回竈にくべても燃えにくく丈夫」というところからきています。
これから来月にかけ益々寒さが厳しくなりますが、換気に気を配りながら火の後始末を徹底し、あたたかく過ごしましょう。

「花めぐり手帖」裏話~12月~

早いもので、もう12月。ふと気が付くと、周りは紅葉が落ち、ホウキを逆さまにしたような木々が。皆さんの中でも、庭木の囲いをしたり、外に出していた鉢植えを家の中にしまったりと、大切にされている植物の冬支度を始めているのではないでしょうか。

さて、画像は先日「花の祭典」で見たポインセチア。こちらも今シーズン見応えのある植物として人気です。黄色(白)っぽい「シャーベット」という品種もありました。
大きな花弁のように見えるのは、実は苞(ほう=葉っぱ)で、本当の花はこの苞の中心部にある黄色い粒状のものです。
クリスマスシーズンを飾る花といえば、何故かこのポインセチアを思い浮かべますが、原産地はなんと熱帯のメキシコ。縁もゆかりもないようなこの植物、クリスマスとの関係は・・・?
img_8813
聖書によれば、キリストの誕生直後、宵の明星・金星が西の空=ベツレヘム(キリストが誕生した土地)の方角に見られ、この星に導かれて東の国から三人の博士が生まれたばかりのキリストに会い贈り物をしたというような内容が書かれています。

キリストの生誕を祝う由来から、クリスマスツリーの上を飾る星も「ベツレヘムの星」を象徴にしているのですが、17世紀にメキシコに住み着いたフランシスコ修道会の僧が、ポインセチアが星の形に似ていること、代表的な色が赤であること、開花時期がクリスマス前ということで、誕生祭の行列や聖堂を飾る目的で使うようになりました。
クリスマスで思い浮かべるカラー(赤・白・緑)も、赤はキリストの流した血、白は純潔、緑は農作物や永遠の命、を表わしているそうです。

原産国メキシコでは、「ノーチェ・ブエナ(聖夜=キリストが誕生した日)」と呼び、英名の「ポインセチア」は、米国の初代メキシコ公使「ジョエル・ロバーツ・ポインセット」が、初めてアメリカにポインセチアを紹介したことに因みます。
日本には明治時代に「猩々木(ショウジョウボク)」という名が付けられ持ち込まれたようです(「猩々」は、伝説上の動物)。

赤いポインセチアの花言葉は、「私の心は燃えている」。
これから寒く長い冬がはじまりますが、心だけは熱く燃やして、活き活きと過ごしていきたいものですね!

第37回秋田県花の祭典(告知)

2016年11月19日(土)・20日(日)の2日間、秋田拠点センターアルヴェ(1Fきらめき広場)にて、第37回となる「秋田県花の祭典」が開催されます。
当会も秋田県花の祭典実行委員会のメンバーとして毎年協賛させていただいております(画像は、昨年の様子です)。
img_3816
両日とも会場は色とりどりの花に飾られ、様々な種類のフラワーアレンジメントの展示も予定しています。特に花き品評会用に飾られたお花は見もの。花き生産者が自信を持ってつくった見事な出来栄えの花が並ぶことでしょう。
他にも、鉢植えのシクラメンやポインセチアなど、毎年大好評の花き販売コーナーもあります。お花が好きな方なら見て損はないはずですので、ぜひお出かけくださいね。

【祭典行事日程】
★19日(土)9:00~17:00
フラワーデザイン競技会(10:00~12:00)
高校生のフラワーアレンジ講座(13:00~14:30)
寄せ植え体験講座(15:00~16:00 ※先着15名様参加にて開催)

★20日(日)9:00~15:30
プレミアム・フラワーショップ(午前11:00~12:00・午後14:00~15:00)
※仮想模擬花屋をオープンし、好きな花で、相手が喜びそうな色合いの花束を、贈る人を思い浮かべ、飾る場所までもイメージして、アレンジメントをご提案するデモンストレーションです。会場にいらっしゃるお客様(先着)が、購入するお客様役となって、実際の店員にオーダーします。終了後、何とそのアレンジメントはお持ち帰りいただけます!
なお、これとは別に祭典終了後、会場展示品の即売会を行います。2日間会場を飾った花を格安購入できますので、この機会をお見逃しなく♪
img_3823