第62回秋田県代表いけばな作家展

秋田市にぎわい交流館で6月2~7日の会期で行われていた「第62回秋田県代表いけばな作家展」を、最終日の7日に見に行って参りました。
IMG_6109
このいけばな展の出品者は、秋田県に16流派ある代表作家さんや、各流派より選抜された方々(主に教室を開いたりしている指導者等)で構成されています。
当会の役員でもある苅安清祥さんの作品も、堂々とした佇まいを魅せておりました。
IMG_6116
以前、苅安先生が「いけばなの基本は、生きているものを、生きているように生けることで、季節や想いを託すことができるのよ。古い形式を大事にするも、新しい感性を発揮するも、花からのメッセージを受け止め、活き活きと生ける心が大事ですね」と、教えてくださいました。
IMG_6113 IMG_6121
IMG_6107 IMG_6108
今年度より隔年開催となりましたが、それぞれの流派の特徴・得意としている魅せ方を知ることのできるまたとない機会です。
近年は、古い形式にとらわれない斬新な生け方をする若い作家さんも出てきたということで、これからのいけばなの在り方に波紋を呼びそうですが、苅安先生のおっしゃるように、そういった変化もまた楽しみにして再来年の開催を待ちたいと思います。

事務局Yでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です