「第36回秋田県花の祭典」が行われました

IMG_3806
2015年11月14日(土)と15日(日)の2日間にわたり、秋田市アルヴェで「第36回秋田県花の祭典」が行われました。
「秋田県花いっぱい運動の会」ブースでは、例年パネル展示とチラシ配布のみで協力させていただいておりますが、お花を観賞するだけでなく、直接触感を楽しんでもらえたら…ということで「秋田県花き種苗センター」と共に花の触れ合いコーナーも設置しました。
これが何とも好評で、「このお花は張りがあって玄関に活けるのもいいわね」などと、笑顔でその触感を確かめている方が多かったです。
hananosaiten_2 hananosaiten_0

14日(土)は、「秋田県花いっぱい運動の会」と「花きイノベーション推進協議会」、それに「花マイスター秋田会」の方々が連携し、小学生を対象とした「親と子のフラワーアレンジメント教室」を開催しました。
「花きイノベーション推進協議会」とは、夏休み期間中にも遊学舎を会場に「親子で寄せ植え体験」を開催した経緯があり、その時参加されたリピーターさんも合わせて、35組60名近い参加者が集まりました。
家庭の中にも花を取り入れて、少しでも豊かな気持ちで過ごしてもらいたいという「花育」のススメ、こんなことをキッカケに始めていって欲しいです。
hananosaiten_3 hananosaiten_5

15日(日)は、ブライダルブーケショーのオープニングを飾る特別イベントとして、秋田県産ダリアを使って染めた生地でドレスを作り、世界にも類を見ない「ダリア染めドレス」をお披露目しました。
hananosaiten_6 hananosaiten_7

モデルさんの雰囲気と相俟って、シンプルかつオリエンタルな洋装となりました。
この企画は「秋田県花いっぱい運動の会」が発案、「雄和ダリア染め研究会」による生地の染色、「TOKIファッション工科専門学校」による製作、それぞれのアイディアと技術が最強タッグを組み実現しました。
花の持つ魅力は、花そのものを愛でるだけでなく、こんな風に様々な形で活用のフィールドが広がっていくことも期待できますね。
今回は様々な方に支えられ、臨機応変な対応により実現しました。
関係者の皆様には、平に感謝申し上げます。

hananosaiten_9  hananosaiten_8
他にも、会場内ではシクラメン等鉢植え花卉の展示即売もあり、お花が好きな方にとっては、いつもにも増して充実した内容となったようです。
2日間とも活気に包まれ、会場内では楽しげな声が絶えず聞こえ、さながら「花のロードショー」という感じ。
「いや~、やっぱりお花って良いもんですねぇ。」
hananosaiten_4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です