おおた花の会、設立20周年記念誌「花心」発行!

5/9(月)付地元新聞の県南情報コーナーにて紹介されたのでご存知の方もいらっしゃるかと存じますが、県内でも特に花いっぱい運動の推進を活発に行っている地域のひとつ、大仙市太田の「おおた花の会」が記念誌「花心」を発行しました。
以前こちらのブログでもご紹介した通りですが、太田町は役場・小・中学校等の公的な機関はもちろんのこと、道路端のフラワーロードや自治会や個々の家での花だんづくり・「花だんフェア」の開催など、町全体が花づくりの取り組みをしており、「花のまち・おおた」として知られています。
1997年4月の設立から来年で20周年となるのに合わせ、28名の寄稿者それぞれの太田地域や花にまつわる思いなどを綴り、その中にはもちろん「秋田県花いっぱい運動の会」関係者も多く、全県花だんコンクール審査員の先生方や花づくりの指導者などの思いが寄せられているようです。
実は事務局にはまだ現物が届いていないので、中を拝見させていただくのはもう少し後になります(予定では5/31の全体総会になるでしょう)が、事務局の後藤さんからはいち早く電話をいただき、「太田町内外の皆さんから、心のこもった原稿をいただき感謝しています。前回(10周年)に引き続き発行できたことを嬉しく思っています」とおっしゃっていました。
これからも地域一丸となって邁進していかれることをお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です