「全県花だんコンクール」カテゴリーアーカイブ

「全県花だんコンクール写真展2019」を開催

花いっぱいで秋田を元気に!「全県花だんコンクール写真展」を、遊学舎県民ギャラリーで開催しています。
「第55回全県花だんコンクール」にご応募いただいた地域や学校、職場、家庭花だんと、それに携わっている人たちの笑顔も見られます。
この写真展を通して、地域の方々が楽しく取り組んでいる様子が少しでも伝わればと思います。ぜひご覧ください。

期間:2019年12月3日(火)~2019年12月10日(火)
(遊学舎の開館時間は平日9:30~21:30・日曜9:30~18:00です。)
2019_HP_photo1

「第55回全県花だんコンクール」の表彰式が行われました

去る10月30日(水)、秋田県ゆとり生活創造センター「遊学舎」において、第55回「全県花だんコンクール」の表彰式が行われました。当日は全県から地域のボランティアや学校、企業、個人など130名あまりが出席され、秋田県知事賞をはじめとする特別優秀賞の表彰や事例発表などが行われました。
今回の花だんコンクールには、県内で花壇づくりに取り組んでいる地域の団体や学校、企業、個人など合わせて173件のご応募があり、9月に審査員による書類審査と現地審査を経て、最終審査会において各賞を決定させていただきました。
DSCN9581_2
上の写真は、「秋田県花いっぱい運動の会 会長賞」を受賞された皆さんです。

表彰式では、主催者である秋田県あきた未来創造部地域づくり推進課の橋本課長と秋田県花いっぱい運動の会の佐竹会長から挨拶があり、続いて農林中央金庫秋田支店様からチューリップの球根の贈呈式が行われました。
いただいた2,500球の球根は、表彰式に出席いただいた方々に配布させていただきました。
DSCN9450_2 秋田県花いっぱい運動の会の佐竹会長
挨拶をする、秋田県あきた未来創造部地域づくり推進課の橋本課長(写真左)と、秋田県花いっぱい運動の会の佐竹会長(写真右)

DSCN9464_2
農林中央金庫秋田支店の桜井様(右)と、秋田県花いっぱい運動の会の佐竹会長(左)

入賞結果は次のとおりです。
☆令和元年度「第55回全県花だんコンクール」入賞一覧

✿ 秋田県知事賞 ✿
由利本荘市・南内越花いっぱいボランティアグループ 横手市山内黒沢区
・由利本荘市 南内越(みなみうてつ)花いっぱいボランティアグループ(写真左)
・横手市山内黒沢区(写真右)

✿ 秋田県教育長賞 ✿
比内支援学校 能代支援学校
・秋田県立比内支援学校(写真左)   ・秋田県立能代支援学校(写真右)
秋田県千秋学園 仙北市立角館小学校
・秋田県千秋学園(写真左)      ・仙北市立角館小学校(写真右)
大仙市立太田中学校
・大仙市立太田中学校

✿ 農林中央金庫 秋田支店長賞 ✿
富田千寿会
・五城目町 富田千寿会

✿ 毎日新聞社賞 ✿
五城目町・谷地中老人クラブ 大仙市・合貝集落会
・五城目町 谷地中老人クラブ(写真左)・大仙市 合貝集落会(写真右)

✿ 秋田魁新報社賞 ✿
横手市山内小松川区 五城目町・宮田宅の花だん
・横手市山内小松川区(写真左)    ・五城目町 宮田周晃様(写真右)
五城目町・谷地中町内会
・五城目町 谷地中町内会

✿ 秋田県華道連盟 会長賞 ✿
羽後町・赤袴寿会     hanataba
・羽後町 赤袴(あかばかま)寿会

✿ 秋田県造園協会 会長賞 ✿
五城目町・野田老人クラブ寿会
・五城目町 野田老人クラブ寿会

✿ 株式会社ポーラ賞 ✿
秋田市・工藤光子様宅の花だん
・秋田市 工藤光子 様

✿秋田県緑化推進委員会 会長賞 ✿
横手市・十文字歩道の環境美化を考える会 五城目町・紀久栄町老人クラブ
・横手市 十文字歩道の環境美化を考える会(写真左)
・五城目町 紀久栄町老人クラブ(写真右)
鹿角市・鶴田フラワーロード中道
・鹿角市 鶴田フラワーロード中道

✿ 秋田県花いっぱい運動の会 会長賞 ✿
鹿角市・大湯パンジーの会
・鹿角市 大湯パンジーの会
五城目町・脇乙町内会 五城目町・西野老人クラブ松鶴会
・五城目町 脇乙町内会(写真左)
・五城目町 西野老人クラブ松鶴会(しょうかくかい)(写真右)
五城目町・下山内老人クラブ 五城目町・上山内老人クラブ
・五城目町 下山内老人クラブ(写真左) ・上山内老人クラブ(写真右)
五城目町・岡本一区老人クラブ盛寿会
・五城目町 岡本一区老人クラブ盛寿会
小神成花の会(南小神成花だん)) 小神成花の会(北小神成花壇)
小神成花の会(田ノ尻花壇)
・大仙市 小神成(こがなり)花の会
higasiimaizumi (3)
・大仙市 東今泉(ひがしいまいずみ)フラワー会
羽後町・下開健康長寿会 羽後町・とんぼの会
・羽後町 下開(しもひらき)健康長寿会(写真左)・羽後町 とんぼの会(写真右)

その後、花いっぱい運動功労者表彰が行われ、長年にわたり地域の花いっぱい運動に尽力されてこられた由利本荘市の「堀切町内会あやめの会」と、大仙市の「石崎千代子」様に表彰状が授与されました。
DSCN9607_2

審査委員長の若松ナミさんより審査講評の後、秋田県知事賞を受賞された「横手市山内黒沢区」の佐々木雄一郎様と、「秋田県教育長賞」を受賞された「仙北市立角館小学校」の浦山英一郎様と明平徹也様より事例発表をいただき、盛会裏に表彰式を終了しました。
DSCN9618_2
審査講評をする審査委員長の若松ナミさん
IMG_2713_2 IMG_2722_2
「横手市山内黒沢区」の佐々木雄一郎様(左)と、「秋田県教育長賞」を受賞された「仙北市立角館小学校」の浦山英一郎様(右)

「第55回全県花だんコンクール」の入賞結果と表彰式開催のお知らせ

令和元年度の花だんコンクールには、県内各地から団体の部160件、家庭の部13件の合計173件の応募がありました。9月12日から20日までの審査員による現地審査を経て、9月24日(火)に行われた最終審査委員会において、最高賞である秋田県知事賞をはじめ、特別優秀賞ほか各賞を決定いたしました。
また、表彰式については、令和元年10月30日(水)午後1時30分から、秋田県ゆとり生活創造センター「遊学舎」で行います。
入賞結果については次のとおりです。
令和元年度「第55回全県花だんコンクール」入賞結果一覧

minamiutetsu2019
【秋田県知事賞】南内越花いっぱいボランティアグループ

kuroswa2019
【秋田県知事賞】横手市山内黒沢区

「第55回全県花だんコンクール」を開催します

地域のボランティアや学校、企業、家庭など、県民協働による花いっぱい運動や花育活動を進めることにより、地域コミュニティの活性化と多世代交流の促進を図り、花いっぱいで秋田を元気にすることを目的として、第55回「全県花だんコンクール」を開催します。
地域で花壇づくりをされている方々からの多数のご応募をお待ちしております!
reiwa_kadan_omote_A4_page-0001
reiwa_kadan_ura_A4_page-0001
申込書類等のダウンロードはこちらから。
募集要項
申込様式(団体の部)
申込様式(家庭の部)
申込様式(推薦書)
功労者表彰規定

平成30年度メモリアルフォト(第54回花だんコンクールより)

平成30年度「第54回花だんコンクール」の応募団体は、団体の部(学校)28、団体の部(地域)129、団体の部(職場)5、家庭の部12、計174団体・個人から応募がありました。
今年の夏、県内は、平均気温、最高気温とも観測史上最高を記録する地点が相次ぎ、うだるような暑さが続きました。そんな暑さの中、花壇の水やりや手入れをした皆さん、本当にお疲れ様でした。どの花壇も皆さんの努力と愛情があらわれた素敵なものでした。

・秋田県知事賞
横手市・十文字歩道の環境美化を考える会(左)、秋田市・秋田市立浜田小学校(右)
IMG_0051_1280_2 秋田市立浜田小学校⑤_1280

・秋田県教育長賞
大仙市・大仙市立太田中学校(左)、大館市・秋田県立比内支援学校(右)
IMG_8840_1280 P1040160_1280

大仙市・(福)大空大仙幼保連携型認定こども園 おおたわんぱくランドのびのび園(左)、
潟上市・秋田県立支援学校天王みどり学園(右)
IMG_9109_1280 DSCN7033_1280

・農林中央金庫秋田支店長賞
由利本荘市・南内越花いっぱいボランティアグループ
IMG_1574_1280
・毎日新聞社賞
秋田市・ななかまどクラブ(左)、由利本荘市・石脇緑を守る会(右)
CIMG0613_1280 IMG_1621_1280
・秋田魁新報社賞
羽後町・下開健康長寿会(左)、横手市山内・横手市山内黒沢区(右)
DSCF5969_1280 DSCN7369_1280

五城目町・富田千寿会
IMGP2620_1280

・秋田県華道連盟会長賞
羽後町・土舘老人クラブ福寿会
DSCF5985_1280

・秋田県造園協会会長賞
秋田市・御野場楽生会
DSCN7212_1280

・株式会社ポーラ賞
横手市十文字町・JR十文字駅花クラブ
DSCN6874_1280

・秋田県緑化推進委員会会長賞
鹿角市・鶴田フラワーロード中道(左)、五城目町・中村老人クラブ(右)
DSC_0531_1280  IMGP2487_1280

大仙市太田町・小神成花の会
IMG_8870_1280 IMG_9047_1280

・秋田県花いっぱい運動の会会長賞
羽後町・とんぼの会(左)、秋田市・北光金属工業株式会社(右)
DSCF5930_1280 IMG_1473_1280

大仙市太田町・下南地域花だん(左)、仙北市・仙北市立角館小学校(右)
CIMG1419_1280 CIMG1514_1280

五城目町・帝釈寺老人クラブ健奏会(左)、五城目町・谷地中町内会(右) IMGP2513_1280 IMGP2684_1280

秋田市・工藤光子さん(左)、秋田市・加藤格さん(右)
CIMG0602_2 IMG_1366_1280

大仙市太田町・藤原サチさん(左)、北秋田市・松尾フミさん(右)
IMG_8956_1280 CIMG0941_1280

秋田市・田中陽子さん
IMG_1438_1280

・花のまちづくり賞
大仙市太田町・後藤圭子さん(左)、由利本荘市・堀切町内会あやめの会(右)
IMG_9015 IMG_1666_2
五城目町・養護老人ホーム森山荘
IMGP2664
————————————–
以下は審査講評で紹介された花壇です。

『特徴ある花壇』
必ずしも平地の畑が花壇ではありません。立地条件に合わせた花壇づくり(個性ある花壇)は高評価を得ます。

●急斜面を生かした花壇
羽後町・飯沢老人クラブ那智会(左)、秋田市・ななかまどクラブ(右)
DSCF6018 DSCF6147

●堰の縁を活用した花壇
大仙市太田町・下南花の会
下南地域花だん①_1280

●100%プランター花壇
大仙市太田町・大町ふれあい花壇(左)、秋田市・向野自治会(右)
DSCF5891 DSCF6169
横手市十文字町・JR十文字駅花クラブ
DSCF6263

●花のデパート
秋田市・工藤光子さん
工藤光子DSCN7231_1280

●校章の花壇
横手市十文字町・十文字第一小学校
DSCF6245

●遊び心花壇
大仙市太田町・後藤圭子さん
IMG_9039

『標語地あれこれ』
単なる花壇の名称にとどまらず一言添えることも良ものです。
DSCF5960_1280 DSCF6004_1280 DSCF6006_1280
DSCF6015_1280 DSCF6044_1280 DSCF6049_1280
DSCF5903_1280 DSCF5927_1280 DSCF5929 (1024x768)
DSCF6220_1280 DSCF6217_1280 DSCF6205_1280
DSCF5850_1280 DSCF6219_1280 DSCF6224_1280
DSCF5887_1280 DSCF5884_1280 DSCF6225_1280
DSCF6232_1280 DSCF6235(道の駅4)_1280 DSCF6288_1280 DSCF6280_1280 DSCF6252_1280 DSCF6244_1280
DSCF6176_1280 DSCF6186_1280

「全県花だんコンクール写真展2018」を開催

平成30年度の「全県花だんコンクール」にご応募いただいた団体・個人の花だんを、写真で振り返る恒例の「全県花だんコンクール写真展」を、遊学舎内県民ギャラリーで開催中です。hanaippai_syashinten2018_1
hanaippai_syashinten2018_3 hanaippai_syashinten2018_4

実際に花だんづくりに携わっている人たちの笑顔や珍しい花壇など、見ごたえがあると毎年好評をいただいております。
ぜひお気軽にご覧ください。

期間:2018年12月3日(月)~2018年12月24日(月)
(遊学舎の開館時間は平日9:30~21:30・日曜9:30~18:00です。)

第54回「全県花だんコンクール」の表彰式が行われました

去る10月25日(木)、秋田県ゆとり生活創造センター「遊学舎」において、第54回「全県花だんコンクール」の表彰式が行われました。当日は全県からコンクールに応募された地域のボランティアや学校、企業、個人など100名あまりが出席され、秋田県知事賞をはじめとする特別優秀賞の表彰や事例発表などが行われました。
今回の花だんコンクールには、県内で花壇づくりに取り組んでいる地域の団体や学校、企業、個人など合わせて174件のご応募があり、9月に書類審査と現地審査を行い、最終審査会において各賞を決定させていただきました。
IMG_1764

表彰式では、主催者である秋田県あきた未来創造部地域の元気創造課の坂本課長と秋田県花いっぱい運動の会の佐竹会長から挨拶があり、続いて農林中央金庫秋田支店様からチューリップの球根の贈呈式が行われました。
sakamoto satake
IMG_1786

引き続き、応募総数174件の中から特別優秀賞に選ばれた29(団体・個人)の表彰と花のまちづくり賞、花いっぱい運動功労者表彰などが行われ、後半は審査講評に続き、秋田県知事賞を受賞された「秋田市立浜田小学校」と秋田県緑化推進委員会会長賞を受賞された鹿角市の「鶴田フラワーロード中道」から事例発表をしていただいて盛会裏に表彰式を終了しました。

詳細につきましては、受賞された皆さんの写真とともに下記一覧よりご確認ください。
☆平成30年度「第54回全県花だんコンクール」入賞一覧
IMG_1802 IMG_1805
「秋田県知事賞」
・十文字歩道の環境美化を考える会(横手市)
・秋田市立浜田小学校

「秋田県教育庁賞」
・大仙市市立太田中学校
・秋田県立比内支援学校
・おおたわんぱくランドのびのび園(大仙市)
・秋田県立支援学校天王みどり学園

IMG_1812    042_01
「農林中央金庫秋田支店長賞」
・南内越花いっぱいボランティアグループ(由利本荘市)

IMG_1820 IMG_1826
「毎日新聞社賞」
・ななかまどクラブ(秋田市)
・石脇緑を守る会(由利本荘市)

「秋田魁新報社賞」
・下開健康長寿会(羽後町)
・山内黒沢区(横手市)
・富田千寿会(五城目町)

IMG_1833 IMG_1837
「秋田県華道連盟会長賞」
・土舘老人クラブ福寿会(羽後町)

「秋田県造園協会会長賞」
・御野場楽生会(秋田市)

IMG_1844 IMG_1851
「㈱ポーラ賞」
・JR十文字駅花クラブ(横手市)

「秋田県緑化推進委員会会長賞」
・鶴田フラワーロード中道(鹿角市)
・中村老人クラブ(五城目町)
・小神成花の会(大仙市)

IMG_1865 IMG_1870
「秋田県花いっぱい運動の会会長賞」
・とんぼの会(羽後町)
・北光金属工業㈱(秋田市)
・下南地域花だん(大仙市)
・仙北市立角館小学校
・帝釈時老人クラブ健奏会(五城目町)
・谷地中町内会(五城目町)
・工藤光子様(秋田市)
・加藤格様(秋田市)
・藤原サチ様(大仙市)
・松尾フミ様(北秋田市)
・田中陽子様(秋田市)

「花のまちづくり賞」
・後藤圭子様(大仙市)
・堀切町内会あやめの会(由利本荘市)
・養護老人ホーム森山荘(五城目町)

長年にわたり地域の花いっぱい運動に尽力されてこられた大仙市太田町の藤原サチさんと、由利本荘市の小川専一さんが「花いっぱい運動功労」表彰されました。
IMG_1879

審査講評では審査委員長の後藤幸三さんから特徴ある花だんが紹介され、「花だんのお名前看板」の部分では面白い看板に会場が湧く場面もありました。
IMG_1881

審査講評の後、「秋田県知事賞」を受賞された秋田市の「秋田市立浜田小学校」の伊澤整校長先生と、「秋田県緑化推進委員会会長賞」を受賞された鹿角市の「鶴田フラワーロード中道」の栁澤秀夫様より事例発表をいただきました。
IMG_1894 IMG_1902
浜田小学校は海に近く植物の塩害を防ぐため、苗床2ヶ所のうち1つは校舎の陰で潮風の当たらない場所につくり、弱った苗の再生をする場を設けたり、大森山公園の象の糞を使用した堆肥づくりをしたりと、独自の工夫をされています。
鶴田フラワーロード中道の柳澤さんは「わたしはいつも“花に見られている”という思いで世話をしています。手をかけた分、花は期待に応えてくれます」と話され、地域の9世帯で協力し合う花づくりは、バーベキューなどの親睦会も併せて行うことで楽しみが生まれ、会員相互のつながりや絆が深まり、それが一番大事なことだとお話をされました。
今後も「花いっぱいで秋田を元気に!」を合言葉に、花いっぱいの輪をひろげていきましょう!

「第54回 全県花だんコンクール」表彰式を行います

9月27日(木)に行われました、第54回となる「全県花だんコンクール」の第2回審査委員会において、特別優秀賞ほか各賞の受賞団体・個人が決定しました。
応募件数は、団体の部(学校)27・(地域)129・(職場)6・家庭の部12の各部門で、計174件でした。
IMG_1703

表彰式は平成30年10月25日(木)午後1時30分~3時30分、遊学舎「大会議室」で行います。
受賞された団体・個人の皆さまはもちろん、花だんコンクールに興味のある方、花いっぱい運動に取り組んでみたい方も、どうぞお気軽にご参加ください。

なおホームページでは、受賞団体の詳細は表彰式後に掲載させていただきます。

第54回「全県花だんコンクール」を実施します

第54回「全県花だんコンクール」を実施いたします。

つきましては、地域で花壇づくりや花いっぱい運動に取り組んでいる団体や学校、個人の方などに広く周知の上、多数の応募が得られますよう、ご推薦いただきますようご協力をお願い申し上げます。
チラシ表チラシ裏

申込書類のダウンロードはこちらから。
申込様式(団体の部)
申込様式(家庭の部)
申込様式(推薦書)

資料のダウンロードはこちらから。
実施要項
花いっぱい運動功労者表彰規定・推薦書

昨年の花だんコンクールの様子
県北地区
県央地区
県南地区

 

平成29年度メモリアルフォト③県南地区(第53回花だんコンクールより)

県南地区をご紹介します。県南地区は横手市・大仙市・美郷町・羽後町の4市町です。羽後町も町をあげて「花いっぱい運動」に取り組んでいるため参加団体が多く、30団体もの応募がありましたが、現地審査は1日のみというハードなスケジュールの中行われました。
そして大仙市太田町も、町をあげて「花いっぱい運動」に取り組んでおり、毎年特別優秀賞を受賞するなど、花を通じて地域を盛り上げています。
県南地区も応募数が多いため、受賞団体とモデル花だんをメインに、特に印象的だった団体をご紹介します!

【横手市】
◆増田町婦人会(農林中央金庫秋田支店長賞)地元のご婦人方が頑張っています!
masuda_2 masuda_3

◆道の駅十文字(毎日新聞社賞) ドライブ客の目にも優しい色合いです♡
jyuumonji_2 jyuumonji_3

◆横手市山内軽井沢区(秋田県緑化推進委員会会長賞)
karuisawa_2 karuisawa_3

◆JR十文字駅花クラブ(秋田県花いっぱい運動の会会長賞)(左)
◆十文字歩道の環境美化を考える会(モデル花だん/花のまちづくり賞)(右)
jyuumonjieki_2 jyuumonjihodou_2

◆横手市山内大沢自治会(優秀賞)   ◆横手市山内小松川区(優秀賞)
sannaioosawa_2 komatsugawa_2

◆ひまわり(優秀賞)           ◆仁井田地域資源保全推進集団(優秀賞)
himawari_2
niidachiikihozen_2

【大仙市】
◆太田町・大町ふれあい花壇(秋田魁新報社賞)
oomachi oomachi_3

◆太田町・上南地域花だん(秋田県造園協会会長賞)「傍花酔想」な防火水槽♪
ueminami_2 ueminami_3

◆太田町・下南地域花だん(優秀賞)
shimominami_2 shimominami_3

◆太田町・大仙市立太田中学校(モデル花だん/花のまちづくり賞)
ootacyu_3 ootacyu_2

◆太田町小神成花の会「南小神成・北小神成・田ノ尻」(モデル花だん)
左は北小神成、右は田野尻です。地域をあげて頑張っています♪
kitakoganari_2 tanojiri_2

◆太田町・認定こども園おおたわんぱくランドのびのび園(モデル花だん)
nobinobi_3 nobinobi_2

◆大仙市立神岡小学校(モデル花だん) ◆合貝集落会(モデル花だん)
kamiokasyo_2 awasegai_2

【羽後町】
◆飯沢老人クラブ那智会(秋田県緑化推進委員会会長賞)
iisawanachi_2

◆土舘老人クラブ福寿会(秋田県花いっぱい運動の会会長賞)
tuchidate_2 tuchidate_3

◆赤袴交友会(優秀賞)        ◆とんぼの会(優秀賞)
akabakama_2 tombo_2

◆下開健康長寿会(優秀賞)      ◆糠塚資源保全会(優秀賞)
shimobiraki_2 nukaduka_2

◆尼沢地域資源保全会(優秀賞)    ◆上到米振興会(優秀賞)
amasawa_2 kamitoumaishinkou_2

◆柏原福寿会(優秀賞)        ◆高尾田老人クラブ(優秀賞)
kashiwabara_2 takaoda_2

◆下仙道老人クラブ寿会(優秀賞) 頑張っている地域の方の笑顔が一番の華!
shimosendou_2 shimosendou_3

~すてきな笑顔の仲間たち~
◆杉宮婦人会             ◆杉宮老人クラブ吉祥会
suginomiyahujin_2 suginomiyakissyoukai_2

◆田畑老人クラブ           ◆下開健康長寿会
tabata_2 shimobiraki_3

いかがでしたでしょうか。例年よりも今年は頑張ってたくさんの地域をご紹介させていただきましたが、それでもご応募いただいた総数を考えるとほんの一部。今回受賞された地域も、そうでなかった地域も、花の出来栄えやデザインにちょっとの差があったくらいで、そこにかける地域の人々の情熱や花に対する思いなどは計り知れないものがあります。
どの地域花だんも、「世界にひとつだけの花だん」です。
プライバシーの観点から個人宅の「家庭花だん」は省いておりますが、もちろんその中でも受賞された方は多いですし、中にはオープンガーデンとして期間や時間限定で公開しているお宅もあります。今後、そういった部分も少しずつ補足していけたら良いのでしょう。
ただ、基本的にはやはり地域の方々が一丸となって「地域を良くしよう、景観を保持しよう、協力し合おう」という気持ちの成果がこれらの地域花だんとなっており、一番大事な核を忘れず活動を続けていっていただければと思います。
これからずっと寒い冬が続きますが、こういう時はお宅でじっくり構想を練るには良い機会。来年に向け、皆さんで花だんづくりの計画を始めてみませんか!